お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

女性がん保険

因みに、女性がん保険の対象者である成人女性がガンになる確率は三人に一人だと聞きました。
ですが、中には女性限定とか、女性特定とか、女性専用とか書かれた女性がん保険もあります。
女性がん保険にはそれなりのメリットがきっと沢山あるんだろうとは思います。
保障範囲の広さで診ると、やはり女性がん保険よりも、ただの女性保険の方がいいんじゃないのっていう感じもします。
どちらかと言うと、女性がん保険よりも通常のがん保険の方が若干リーズナブルな場合も結構あるようです。
これは恐らく、女性の場合はガンになる箇所が多いところから、男性も入れるただのがん保険よりも、女性しか入れない女性がん保険の方が高価なのではないかと思います。
でも、男性だって、女性が発症する事のない、前立腺ガンや精巣ガンなんかになりますよね。
そういう意味では、女性がん保険の対象である女性と同じ位、男性だってガンになる確率は高い訳です。
それに、実際ガンになる成人男性は二人に一人と言われていて、女性がん保険の対象者である女性よりも確率は高いのだそうですよ。
ただの女性保険と女性がん保険の違いなら、何となくですが判るような気はします。
すると、自分の知らなかったがん保険や女性保険の落とし穴みたいなのがあれこれ出て来て、それらを補うのが女性がん保険だという事が解りました。
ですから、中には女性がん保険を柱に、他の怪我や病気などの保障を特約として着けている人もいるようです。
ようするに、女性を対象にしたがん保険だから女性がん保険なんですよね。
加えて、子宮ガンや乳ガンは、確かに女性特有のガンですが、ガンである事に替わりはない訳で、女性がん保険でなくても保障はされるはず。
女性がん保険の保障というのは、思いのほか手厚いんですね。
ただ、その女性がん保険ならではのメリットというのが、今一実感出来なくて、ブログやサイトを読んでみる事にしました。
ただし、女性がん保険の選び方のポイントやメリットとデメリットは多々あるようなので、もう一度ブログやサイトを参考に、しっかり検討したいと思っています

スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。