お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

住宅ローン返済の抵当権

住宅ローン返済が滞ってしまった場合などに抵当権が執行されてしまう可能性が高いと聞きます。
住宅ローン返済の抵当権と聞くと身構えてしまう人も多いようですが、これはごく一般的な事といえるでしょう。
多額の融資を行う場合保証の意味で抵当権をつける事は当たり前と言っても過言ではないので、住宅ローン返済ではごく普通に行われているようです。
完済したという資料を持って申請を行うことにより、住宅ローン返済の抵当権が新しく借り換えした金融機関だけに変わると聞きます。
住宅ローン返済が済んだのに抵当権がついている人の多くは、抹消の登記を行っていないのが原因のようです。
住宅ローン返済の抵当権はローンを完済した場合に抹消されるので安心すると良いでしょう。
万が一完済したという書類を紛失してしまった場合などは、住宅ローン返済を行っていた金融機関に相談してみるとよいかもしれません。
住宅ローン返済の抵当権を抹消するには金融機関から送られてきた書類などを自分で提出する必要があるようです。
住宅ローン返済が完了した場合は速やかに手続きを行うと良いでしょう。
書類の提出を怠ると書類上は住宅ローン返済が完了していないのと同じ意味になるようです。
住宅ローン返済の抵当権を抹消する必要があるのは完済した時だけではないようです。
見直しによって借り替えなどを行った場合も住宅ローン返済の抵当権抹消手続きをしなければならないと聞きます。
住宅ローン返済をしている人は抵当権について書類などを確認してみると良いかもしれませんね。
住宅ローン返済の抵当権は完済した場合も借り換えの場合も自分で手続きを行わなければならないことをよく覚えておくと良いでしょう。
完済した時点で抵当権が抹消すると思い込んでいる人が多いようですが、住宅ローン返済の抵当権は申請しないと抹消しません。
サイトでは住宅ローン返済の抵当権の外し方などの情報があるようなので調べてみましょう

スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。