お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

教育ローン

教育ローンという子どもの学費を融資してくれる制度があると聞いて、早速その教育ローンについて調べてみました。
当然審査はありますが、もしうまく行けば、息子の入学金を賄えるのではないかと思ったからです。
教育ローンは国の制度とは限っていなくて、都市銀行や地銀、それに地方信用金庫などの所謂銀行系の金融機関も独自の教育ローンを出しています。
しかも住宅ローンでおなじみの、国民生活金融公庫も取り扱っていると聞いてビックリです。
時と場合によっては、国の教育ローンよりもお得な事もあるみたいなので、十分比較する価値はありそうです。
勿論、元郵便局の郵貯銀行や一般の銀行などでも教育ローンは用意されているようです。
近頃は有難い事に、わざわざ仕事を休んで役所や銀行へ相談に行かなくても、家に居ながらにして、いくらでも情報収集が出来ますよね。
教育ローンには何種類もあるようですが、国が子供の学費をサポートしてくれる公的教育ローンというのがやはり最も安心なようです。
国の教育ローンは全部で3種類、そして、それらを扱っているのが政府系金融機関である国民生活金融公庫や郵便局、独立行政法人福祉医療機構です。
日本工学院などの融資対象となる学校に在学している人を対象とした一般貸付と呼ばれる教育ローンです。
後、国民年金及び厚生年金加入者を対象とした教育ローンである年金教育貸付という制度もあって、こちらは独立行政法人福祉医療機構が取り扱っています。
これに加え、同じく公的教育ローンとして郵貯教育貸付というのもありますが、こちらはちょっと要注意。
又、最近では外資系を中心に損保会社の教育ローンというのも普及してきているようです。
融資を受けられる条件や金利は少しずつ違うかも知れないので、その辺りもこれからいろいろ診てみたいと思っています。
しかし、なんと驚く事に、この3つの公的教育ローンを同時に全て活用する事が出来る場合もあるんですね。
まずは、どこのどんな教育ローンがあるのかというところからですよね。
私よりもずっと前から教育ローンについて調べている人も多いらしく、又、実際に利用した人や、今も利用している人たちも、沢山情報掲載してくれています。
長年積立して貯める学資保険とは違って、教育ローンは、いざという時にこれと言った準備がなくても頼れるシステムなんですね

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。