お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

郵便局の教育ローン

聞くところによると、現在公的教育ローンには全部で3種類あって、取り扱う金融機関によって、審査の基準や上限額、勿論利息もかなり異なるようですね。
後、進学する学校によっては国の教育ローンの対象外となる事もあると言うではありませんか。
教育ローンは、本来なら子供の進学がある程度決まった段階で適当な教育ローンを探すのがベスト。
後で長く苦労する位なら、今から少しずつ頑張っておくというのも一つの選択肢ですから、検討してみる可能性は十分あるでしょうね。
例えば、国民金融公庫が取り扱っている一般貸付と呼ばれる教育ローンには、指定の学校に進学した時のみという条件があるようです。
特に条件のいい郵便局の教育ローンを利用するためには、予め数年前から準備しておかなければならないようですし。
その点、郵便局の教育ローンなら、殆どの高等学校以上の学校という事なので、まず親の資金繰りのために子供の志望校を検討する必要はなくなりますよね。
それに、郵便局の教育ローンは専門学校や海外留学にも利用出来るそうです。
それを考えると、郵便局の教育ローンもいいのか悪いのかと行ったところではあるのですが、やはり魅力と安心感は大きいようです。
けれど、そんな郵便局の教育ローンには、事前積立という大きな条件があります。
教育積立郵便貯金という積み立てに参加し、最低でも1年以上毎月定額のお金を積み立てておく必要があるのです。
つまり、その対象外の学校を子どもが希望すれば、その時点でもう利用不可という事になります。
教育ローンはどうせ返さなければならないものですから、先に教育ローンの一部を返済しておくという感覚なら、郵便局の貸し付けはグッドかも知れません。
うちの子はまだ小学生ですが、もう今から大学進学に向けて教育ローンを考えておかなければならないのではないかってね。
その最大上限は5年で200万円積み立て、400万円借りるというコース。
まだうちの場合は、大学入試までに5年以上ありますから、十分準備期間はある訳ですが、上限一杯まで郵貯の教育ローンを利用するのは楽ではないかも知れません。
何しろ毎月3万円以上子供のために積立貯金しなければならないのです。
郵貯貸し付けでは、事前に積み立てた総額の2倍の金額が教育ローンの上限融資額という事になります。教育ローンはやはり郵便局や金融公庫の扱っている公的教育ローンが一番安心なのでしょうか。

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。