お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

教育ローンの比較

いざとなって焦る位なら、今から少しずつでも教育ローンについての比較検討をしておいてもいいんじゃないかなぁっと思っているんですよね。
所謂、旧国民生活金融公庫や郵便局、年金貸付などの学士ローンです。
それに、郵便局の教育ローンを利用するのであれば、数年前から積立しておく必要があるそうですからね。
それに比べて、民間の金融機関が取り扱っている教育ローンは、柔軟性にも優れていますし、融資額が大きいのも魅力。
ようするに財形貯蓄をベースにした教育ローンという事になるんですね。
こうした公的教育ローンは、金利も低く抑えられていて、安定している所から、人に情報提供するのであれば妥当な線と言ったところなのでしょう。
聞くところによると、公共の教育ローンはたった3種類ですから、隅から隅まで比較してもたかが知れています。
ところが、民間の教育ローンには250種類以上ものプランがあるそうですから、とてもじゃないけど、全部比較するのは無理ですよねぇ。
うちの子はまだ高校に進学したばかりですが、今からもう3年後の大学進学に向けて、教育ローンで悩んでいます。
今のご時世、その頃にはまたきっと金利も変わっているだろうし、今の教育ローンが全てそのままの状態で存在しているとは限っていません。
無論、多額のお金を借りる訳ですから、それなりの審査もあるでしょうし、手続きにはそこそこ手間が掛かるのは当然です。
毎日1種類ずつデータを調べても半年以上かかりますし、それらを照らし合わせてあれこれ比べるとなると、気が遠くなりそう。
勿論、国の教育ローンがフルに利用出来て、その融資額だけで賄えれば一番いいのでしょうが、そうもいかない状況も想定しなければなりません。
言うまでもなく、日本で一番普及しているローンは住宅ローンですが、教育ローンも最近はすっかりメジャーなローン。
何しろ親が食べて行くのに精一杯の時代ですから、子供の学費を工面するのは並大抵ではないという事なのでしょう。
お陰で、ブログやサイトの中には、教育ローンや学資保険に関する情報が溢れています。
そうしたブログやサイトを参考に、我が家も少しずつ教育ローンについて比較して行きたいと思っています。
しかし、事前に積立しておく必要があったり、年間所得が多いと駄目だったりと、利用出来ないケースも結構あるようです

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。