お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。 > 大事なお金の話 > 国民金融公庫の教育ローン

国民金融公庫の教育ローン

その代りに、私たち兄弟は奨学金を自力で全部返しましたけどね。
まあ、こういうご時世ですから、主人も頑張ってはくれているのですが、子供の学費を全額家計から出すのは厳しい状態です。
あっ、今はもう国民金融公庫とは呼ばなくて、日本政策公庫か何かに名前が変わってるんですよね。
ただ、やはり金利が国民金融公庫の教育ローンとは全く違って、ストレートに言わせてもらうと、お高い。
そこで、私としては、自分も嘗てお世話になった国民金融公庫の教育ローンで、何とか乗り切りたいと考えています。
教育ローンは時代を反映してでしょうか、私の頃とは違って、様々な種類が登場しています。
昔のように、郵便局か、国民金融公庫か、それとも年金かで悩む時代なのではないのかも知れません。
近頃は、外資系の損保会社や大手の信販会社などでも条件のいい教育ローンを一杯出していますからね。
中には、国民金融公庫の一般貸付と比較して、2倍位金利の違う教育ローも結構あります。
当然、融資額が大きくなればなるほど利息も増える訳で、本当にまとまったお金が必要な時期には有難いかも知れませんが、後の事を考えるとねぇ。
教育ローンはあくまでも親の借金、親の力で返せる状態にしておきたいんですよね。
私も兄も揃って奨学金と国民金融公庫からの教育ローンで大学に通わせてもらいました。
最近は高校までもが義務教育化している状態で、大学まで出すのが親の役目、教育ローンも奨学金も共に親の責任だと思っている人も多いそうです。
だとしたら、我が家も子どもの学費は全額親負担、下手をすれば教育ローンと奨学金の両方を並行して返済していかなければならない訳じゃないですか。
それを考えると、最低限必要なお金だけを、出来るだけ金利の低いところから借りる、これがベストだと思うんですよね。
なので、やはり国民金融公庫の教育ローンにお世話になれれば一番有難いと考えています。
こんな国民金融公庫の教育ローンへの固定観念は今時流行らないのかも知れません。教育ローンも住宅ローンと同じく、国民金融公庫でお世話になるのが一番いいのではないかと考えているのですが、いかがなものでしょうね。
現役の大学生の子を持つ親御さんからの、そうした公的教育ローンの勧めを読むとほっとしますね

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。