お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。 > 大事なお金の話 > 三井住友銀行の教育ローン

三井住友銀行の教育ローン

最初に好条件で借りられたような気がしても、後で大変な思いをしなければならない状態に陥る事もなくはありません。
まだ息子が小学生で銀行のロビーを走り回っていた頃、ちょうど我が家がマイホームの住宅ローンについて相談に行った時の事です。
当時はまだ息子の教育ローンの話なんてはるか未来の事だと思っていたのに、時の立つのは本当に早いものです。教育ローンをお考えになる際には、是非とも三井住友銀行を検討したいものです。
学校によっては、国の教育ローンを斡旋してくれるところもあると小耳に挟みました。
それだけ、教育ローンも自分たち親子のライフスタイルに合わせて選べるようになったという事なのでしょう。
国の教育ローンは年収が多くても少なくても難しいようですからね。
特にうちは個人でも法人でも三井住友銀行をメインバンクとしているので、一度息子の教育ローンについての相談だけでもしてみる価値はあるのではないかと考えています。
その点まあ、銀行の教育ローンは金利はお高いですが、かなり融通が効きます。
うちのように、自営業で、たまたま去年の年収が多かった場合は、不利になる事も考えられます。
教育ローンとしても十分活用出来るライフスタイルローンというのが三井住友銀行にはあります。
三井住友銀行で住宅ローンを組んでいる人を対象にした制度で、通常の教育ローンに比べて金利がかなりお得です。
このシステムを利用すれば、国の教育ローンとの金利差は1%にも満たない事も考えられるからです。
なので、今の時点ではあくまでも三井住友銀行の教育ローンも比較対象の一つであるというだけです。
子どもが生まれた時から学資保険に入っていない我が家では、最終的には教育ローンのお世話になる事になるでしょうね。
勿論一発で大学に合格してくれればの話ですから、銀行へ教育ローンの相談に行けるというのは、ある意味嬉しいものなのかも知れません。
ブログやサイトでも、近頃は民間と国の教育ローンをしっかり比較する事を勧めている記事が目立ちます。
とは言っても、ただ手続きの方法などを紹介してくれるだけで、必ずしも審査が通るとは限っていないじゃないですか

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。