お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

教育ローンと厚生年金

年金貸付というのは、厚生年金か国民年金に加入している人を対象とした教育ローン。
教育ローンを組むのは親ですから、あくまでも親の借金。
勿論、事前に生活設計を立てて、学資保険などに加入していれば別ですが、国の教育ローンのみというのは現実問題かなり厳しいと思います。
うちは以前はこどものためにそこそこ貯金していましたが、ここ数年の不況で、主人の会社が苦しくて、とうとう去年子供のための保険を全て解約してしまいました。
教育ローンのお世話にならずに子供を一人前にするのは並大抵の努力ではありません。
有担保型もあれば無担保型もありますし、金利も固定式と変動式、自由に選択出来る教育ローンも多いようです。
そうしたブログやサイトで今一度年金や教育ローンについて学び、将来設計を立てられて見てはいかがでしょうか。
そこで、取りあえず国民金融公庫からの融資と奨学金制度をフルに生かす方向で考え、最終的に不足分を年金貸付で賄うしかないかなぁっと考えています。
本来なら誰でもが利用出来る制度なんですよね、年金加入は国民の義務ですから。
ところが、これには加入年数や未払い機関が有るか無いかなどの審査があるため、近頃はこの年金からの教育ローンを利用出来ない人も結構いるようですよ。
因みにこの年金貸付は国民金融公庫の教育ローンの延長線上にあるみたいな形ですね。
ただこれは上限が200万円なので、入学金と当座の生活費位はなんとかなりますが、子供が卒業するまでの資金を全て賄うのはとてもじゃないけど無理ですよね。
地元の国立大学に合格してくれれば、国民公庫からの融資だけで何とかなります。
今はまだ子供さんが小さくて、教育ローンなんて実感の湧かない若い親御さんも沢山いらっしゃる事でしょう。
でも、あっと言う間に子供の教育費で悩まなければならない時がやって来ます。
その時、年金貸付や郵便局の教育ローンが利用出来るように、今からきちんと計画を立てた生活をされる事をお勧めします。
もし親に不具合があって、教育ローンの審査が通らず、子供が進学を諦めるような事にでもなれば、それはとても辛い事です。教育ローンとして最もポピュラーなのが国民金融公庫からの一般貸付です

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。