お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

労働金庫の教育ローン

国民金融公庫や郵貯銀行の取り扱っている教育ローンは、昔からよく知っています。
一応指定の学校に進学する場合のみと規定されていますが、基本的には殆どの高校・大学と専門学校が認められています。
又、音大や美大に進学が決まった場合は、そこでの学業に必要な費用全てを教育ローンで賄う事も可能です。
例えば、音大に入ったらピアノやバイオリンなど高価な楽器が必要になりますよね。
関西に住んでいると、設けない金融機関というキャッチフレーズに引かれて、近畿労金に口座を開設した人も多いと思います。
最近はネットで教育ローンの申し込みやシミュレーションの出来るサイトも一杯あるそうですね。
けれど、国の教育ローンは融資額の上限が低く、公庫からは最高でも200万円までしか借入出来ません。
その点、民間の教育ローンには上限が500万程度のプランも沢山あります。
教育ローンについてのセミナーというのが先日子供の通う高校で開かれ、こうした様々な説明を聞いてきました。
教育ローンなんてまだまだ無縁のものだと思っていたのに、娘も早高校2年生、まさに明日は我が身となりました。
と言う事で、今日は全国の労働金庫の教育ローンについての情報を集めて比較していました。
後、近頃だと、信販会社、所謂ファイナンス系のローンや外資系の損保会社などが教育ローンを出したりなんかもしていますよね。
流石にこの年になると、周囲には我が子が大学進学を迎えた親御さんが増え、少しずつそうした教育ローンの話を聞くようにもなりました。
少なくとも、教育ローンに関するブログやサイトは出来るだけ多く読んだ方が絶対に有利に事が進められると思います。
少なくともうちはそうですから、そんな設けない金融機関の教育ローン、その中身は実に気になるところです。
だとしたら、うちは近畿労働金庫がメインバンクなので、近畿労金の教育ローンを検討してみてもいい訳ですよね。
国の教育ローンは金利が低く、固定型であるのが一番の特徴、なにより安心して手を出せます。
国の教育ローンというのは、嘗ての国民生活金融公庫、現在の日本政策公庫が実施している学資融資です。
将来、この私の努力が実って、教育ローンのお世話になれると嬉しいのですが・・・

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。