お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

日本工学院の教育ローン

何しろ大都会東京の私立の専門学校ともなると、初期費用だけでも私の年収は軽く超えますからね。
今北海道の大学に通っている姉の子どもはその教育ローンで入学金を賄ったそうです。
いくつかの教育ローンや奨学金をうまく組み合わせて資金を調達するという形になるでしょうね。
けれど、せっかく娘が必死にハイレベルの日本工学院に進もうとしている訳ですから、親が勇気を出して教育ローンにトライするのは当たり前かも知れないとも思います。
今は国民生活金融公庫という施設はなくなって、日本政策公庫と名前が変わっていますが、教育ローンは従来通りの条件で利用出来るみたいですね。
教育ローンや奨学金制度を活用して、是非素晴らしいキャンパスライフを送らせて上げて下さいとばかりにね。
そのため、もし教育ローンを目一杯利用すれば月々の返済額は住宅ローンと変わらない位になってしまいます。
出来れば女の子ですし、地元の短大か専門学校にでも進学してくれれば、随分楽です。
例え教育ローンを組むとしても、年金からの貸し付けだけで十分賄える可能性もあります。
その入学案内を見て親は目が点、俄かに教育ローンという言葉が脳裏を宿りました。
まあ、娘が第一志望の学校に合格すればの話ですが、最低限すぐに教育ローンの申し込みが出来るように、ある程度の準備だけはしておかなければと思う今日この頃です。
教育ローンは住宅ローンのように30年返済なんてなく、最長でも10年そこそこで返済しなければなりません。
我が家の場合、住宅ローンの返済額は毎月65000円ほどですからね。
でも、東京での下宿の準備にかかる費用だけでも中途半端じゃないだろうし、そこに入学金や当座の娘の生活費、そんなこんなを考えると、頭が痛くなる一方です。
ただねぇ、国民公庫の教育ローンは上限額が200万位じゃないですか。
そのために絶対必要になるのが教育ローン、また、その利口な活用法もブログやサイトには多数掲載されているようです。教育ローンについて姉に相談したところ、やはり国民生活金融公庫が実施している一般貸付を勧められました

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。