お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

固定資産税

固定資産税とは、土地や建物など、いわゆる「不動産」に掛かる税金である。
固定資産税の税率は一律のようであるが、法律の改正などによって変動する場合もある。
信頼できる税理士や不動産プランナーを招いて、徹底した財務管理をし、スムーズに固定資産税を支払える体制作りを整えて頂きたい。
余程の財力がない限り、東京の一等地を維持して行くことは厳しいが、この時、一番のネックになるのが固定資産税の支払いなのだ。
固定資産税や税金に関して、ある程度の理論武装をしておけば、いざという時に慌てないで済むはずだ。
納税者としても、固定資産税は納得して支払いたいので、少しでも疑問や解らない部分があったときは、遠慮無く、各市町村に問い合わせていただきたい。
固定資産税の税額は、様々な要素が絡んで増減する。
親から東京の一等地を譲り受けて、固定資産税があまりにも高額で払いきれず、泣く泣く、先祖代々の地所と屋敷を手放したという話は良く聞く。
税金のシステムを把握して、余裕を持って固定資産税を支払えるようにしたいところだが、現実問題として中々大変なのは、どこのご家庭でも同じであろう。
国や自治体には、納入された固定資産税の適正な運用を、強く望みたいものである。
全国で、次回の固定資産税に、戦々恐々とされている方も居られるに違いない。
固定資産税を安くしたいと思うのは人情であろうが、税率が決まっているので難しいだろう。
固定資産税は、不動産の価値が上がるに連れて大幅にあがるので、所有者にとっては「痛し痒し」という所であろう。
固定資産税の詳しい情報は、関係各庁のホームページを参照していただければ、容易に入手できるはずなので、興味のある方は先ず覗いてみることをお勧めしたい。
国が定めた固定資産税という制度は、改善するべき問題点もあるかもしれない

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。