お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

固定資産税と路線価

固定資産税を考える場合、路線価と言う問題は、避けては通れないかもしれない。
なので、土地、家屋、償却資産がある人には、必ず固定資産税が発生する。
要するに固定資産税の額は、路線価を基にその沿線の評価額が決まり、はじめて算出されるのだ。
ニュースなどで、東京の路線価の発表が出るが、固定資産税額の、基準の一つになるので、注目されている方も多いはずだ。
固定資産税の基となる路線価とは、土地の評価額を算出する基準となる価額で、相続税や贈与税を計算するときに使われる。
路線価とはその名が示すとおり、路線(道路)ごとに定められ、その道路に面する標準的な宅地の、1平方メートル当たりの価額だ。
固定資産税は、1月1日現在に固定資産を所有している人が、その資産価値(評価額)をもとに、その固定資産が所在する市町村に納める税金である。
地所を維持させていくためには、固定資産税は避けては通れない。
税金の中でも、固定資産税が特に詳しく載っているサイトなどもあるかもしれない。
逆に路線価が下がれば、固定資産税も下がるのである。
固定資産税と路線価の関係は、ご理解いただけたと思うが、納税は毎年のことなので、一等地を所有されている方にとっては、頭が痛いところだろう。
固定資産税と路線価の事を、もっと詳しく知りたい方は、ネットなどを活用して調べていただければ幸いである。
固定資産税は、路線価によることは先に述べたが、つまるところ、路線価が上昇すれば固定資産税も騰がるということになる。
土地や家屋、償却資産などに課税される、固定資産税は多くの方の関心事であろう。
固定資産税と路線価を把握して、納得して納税したいものである

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。