お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

固定資産税の減税

私のような庶民でも、家屋を所有している以上、固定資産税は発生する。
言うまでもなく固定資産税は、主に不動産などの土地、家屋、償却資産にかかる税金で、毎年課税される。
1月1日現在で、固定資産を所有している方は、資産価値(評価額)をもとに固定資産税が決定し、その固定資産が所在する市町村に納める事になる。
「路線価」というと、有名な「銀座の鳩居堂前」というフレーズが頭に浮かぶが、ニュースなどでもお馴染みなので、皆さんもご存じだろう。
なので、土地、家屋などの資産がある人で、それらの売却を考えている場合、年内に譲渡や売却の手続きを完了すれば、以後の固定資産税は発生しない。
固定資産税と評価額は、密接に関係していて、切っても切り離せないという事はご理解いただけるだろう。
固定資産税の減税を望むのは、当然であるし人情というものであろう。
多くの不動産所有者の、関心事である固定資産税の納付は、毎年必ずやってくる。
納得して納税したいし、できれば減税したい固定資産税であるが、現実的にはどうだろうか。
固定資産税の基となる路線価は、土地の評価額を算出する基準となる価額だが、景気動向やその地域の実情で変動する。
立地条件や将来的な展望が、固定資産税の額にも少なからず影響を与えている。
固定資産税の対象となる、不動産などの土地、家屋を所有されている方にとっては「路線価」、「減税」は関心が高いと思われる。
大多数の人は節税や減税の為に、知恵を絞り、情報を集めているだろうが、固定資産税納付の場合でも同じだろう。固定資産税の減税の可能性は、はたして有るのだろうか。
税金の納付は国民の義務だが、固定資産税も出来るだけ減税して、負担を軽くしたいと願う

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。