お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

住宅の固定資産税

固定資産税の納付の為に、新たな仕事を始めると言った、本末転倒の笑えない話も聞く。
住宅の固定資産税の算出法は、国税庁が発表する各地の「路線価」が基準となり、それを基に評価額が出て、計算される。
いつも納税カレンダーを見て思うが、「町県民税」に始まり、「都市計画税」、「国民健康保険税」ときて「介護保険料」など、固定資産税以外にも税金の多さには驚く。
毎年必ず課税される固定資産税は、どこの市町村でもおおよそ4期に分けて納付できるが、うっかり納期を過ぎてしまうと、延滞金を取られるので注意されたい。
つまり、住宅の立地条件や将来的な展望が、固定資産税の額にも影響を及ぼすのである。
住宅を所有されている方、すべてに掛かってくる固定資産税を、理解することから始めたい。
なので、市街地の住宅街などの固定資産税は高く、僻地の農村部は安いと言えるだろうが、当然であろう。固定資産税は、住宅や土地などの「不動産」に掛かる税金である。
納税は国民の義務であり、住宅の固定資産税も、必然的に義務である以上、逃げも隠れも出来ない。
固定資産税の仕組みをもっと詳しく知りたければ、ネットの税金関連のサイトで調べてみても良いだろう。
前述のように、年間4期ほどに分けて納付できる固定資産税は、事前に市町村の税務課から、納付書の綴りが送付される。
その際、一括納付すると多少の割引があるが、私などは固定資産税を一括で納付した経験はなく、一度で良いからやってみたいものだ。
各市町村のホームページでは、納税に関してのある程度の情報は入手できるので、参考にして頂いて、固定資産税をスムーズに納付できるようにしたい。
固定資産税は、該当する住宅のある市町村に納付する。
住宅を所有している以上、固定資産税は誰にでも掛かるのは当然だが、節税対策や財産設計を計画的にしないと、大変な事になるとだけ言っておこう。

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。