お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

固定資産税の計算方法

固定資産税には、税額を算出する為の計算方法があるらしい。
言わば固定資産税の、 計算方法の方程式といったものが存在するのは、容易に想像できる。
計算方法が存在するとすれば、各行政、市町村共通の方程式だろうし、でなければ地域によって固定資産税の格差が出てきて、不公平になってしまう。
固定資産税は、不動産所有者共通の問題である。
一見、複雑な固定資産税の計算方法も、要所を押さえれば理解できるようになるのだろうか。
固定資産税の計算方法の詳しい情報も、関連のブログやサイトを参照されたい。
各市町村や行政も、事前に周知の徹底を図っているだろうが、郵送物だけでは、なかなか全員に徹底は難しいだろうから、固定資産税の変更の場合も、過去に事例があったと思われる。
幾つか原因が考えられるが、一つは税制の変更や改正で、固定資産税の場合も税制の改正で、計算方法が変わった事があるだろう。
税制改正の時には、市町村や行政には、更に事前の周知を徹底して欲しいが、固定資産税のような高額になる可能性が高い税では、なおさらである。
固定資産税は、イコール「不動産」とも言えるので、不動産関係のサイトも参考になるかもしれない。
固定資産税にしても、他の税金にしても、ある年に急に税額が上がってしまうときがあるが、払込票が届いて、ビックリしてしまった方も多いはずだ。
固定資産税の場合、税制の変更や改正があったとき、基本的な計算方法が変わらなくても、課税の割合が変われば、税額も大幅に変わってしまうだろう。
国や行政、各市町村に強く要望したいが、固定資産税を含め、あらゆる税制の計算方法をもっとシンプルに解りやすくしていただきたい。
只でさえ、複雑で解りにくい固定資産税等の計算方法である。
固定資産税の計算方法を把握して、納得して納めたい。

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。