お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

自転車保険

自転車保険は、いざというときの希望をつなぐために欠かすことのできないものという認識が必要ではないでしょう。
普段から自転車に乗る人間としては、自転車保険がいかに重要なものであるのか、よく分かっているとおもいます。
私のように休日乗るか乗らないか人間はともかく、通勤などで利用する人にとっては、自転車保険の重要性は言うまでもなく大きいものに違いありませんからね。
もしも命が関わる重大な事故が起こったとして、それを補填することのできる自転車保険というものが存在しうるわけがないのですから。自転車保険は、いまかなりの注目を浴びていますが、どれだけそれらを把握できているかというと、非常に微妙なところだとは思います。
なぜなら自転車保険は、すべての自転車に乗る人間に関わっているものだからです。
安全な運転をするということは、いかに危機を予測し、それを未然に防ぐかということですから、単純な反射神経だけではなく、未来を予測する能力が必要不可欠です。
ですから、自転車保険に関心がない人には、事故の後のことを考える、予測するという大事な観点が決定的に不足していると言って良いでしょう。
そして自転車保険とは事故がおきてからのことを予測して対処するためにあるわけです。
けれども、自転車保険が、それでは意味のないものなのだろうかというと、それは全く別の話でしょう。
自転車保険は、ありとあらゆる危険性を見据えて、備えておくべきものです。
そしてたとえ、自転車保険であっても、いかなる事故にも対応できるとは限りません。
そう考えてみると、自転車保険とは、単なる事故があったときのために備えるものであるという価値以上の意味が生まれてくるとすらいえるのではないでしょうか。
事故は起こす側に回るか、あるいは起こされる側に回るか、あるいは巻き込まれるということだって考えられなくもありません。

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。