お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。 > ローン > 住宅ローン > ブラックリストと住宅ローン

ブラックリストと住宅ローン

情報の保持期間は調査会社によって違い、ブラックリストを何年有効活用するかも企業によって違うと聞きます。
過去に起こしたお金のトラブル情報が詰まったブラックリストは、長いもので10年以上有効利用されることもあるようです。
ローン申込の際に審査を行うという言葉を耳にしますが、これこそブラックリストとの照会と考えてよいかもしれません。
ブラックリストに記載されていると当然の事ながら審査に通過しなかったという返答になるようです。
ブラックリスト記載者を対象にした消費者金融などもあるようですが、企業がリスクを負う分、借り手もリスクを負う事も多々あると聞きます。
ブラックリストに記載されたということは過去に何度か信用を落とす鼓動をとったという証拠で、企業がリスクを回避する為に役立てることが多いようです。ブラックリストは信用調査会社などが集めたお金に対する信用度の情報と言えるかもしれません。
金利が他に比べて高い、保証人が必要など、ブラックリスト記載者の契約はハードルが更に高くなっている事が多いようです。
ブラックリストに記載された時点で各種ローンは諦め、足元を見直してみると良いかもしれませんね。
ブラックリストに記載されていながら住宅ローン審査に通ったという人もなかにはいるようです。
個人ローンの中でも大変高額な住宅ローンはブラックリスト記載者でなくてもハードルはかなり高いものと言えます。
ブラックリスト記載者でありながら住宅ローンを組むことが出来た背景にはいろいろな要因があるようです。
ブラックリストは長期間保管される情報ですが、色々な条件に当てはまると即座に消す事も可能なようです。
クレジットカードや消費者金融などもブラックリストから名前が消えるとすぐに利用する事が出来るとか。
ブラックリストに記載された名前を消して、住宅ローンやマイカーローンなどを組んだ人もたくさんいるようです。
ブラックリストをどの程度重要視するかも企業次第と言えるかもしれませんね

スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。