お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。 > JCB > JCB ETCカードカードの使用明細

JCB ETCカードカードの使用明細

JCB ETCカードカードには、専用カードと一体型カードがあるが、いずれを選ぶにしろ、明細はまとめて請求されるので、煩わしさはない。
JCBカードで買い物をしても、ETCの支払いも、一体型のJCB ETCカードカードであれば、同一明細で事足りるのである。
いくつかの追い風に乗って、JCB ETCカードカードは発行数を着実に伸ばしている。
JCB ETCカードカードとETC 専用のスルーカード、どちらを選ぶかは利用者の都合に合わせて、選んで欲しい。
クレジットカードも枚数が増えてくると、口座の管理が一仕事になるが、JCB ETCカードカードであれば、口座の管理のシンプル化に役立つであろう。
マイレージを貯めることが出来るJCB ETCカードカードは、専用カードでも、ポイントは無料通行分として利用できる。
明細が同一されれば、専用カードならば車載器に挿しっぱなしで良いし、JCB ETCカードカードの場合、車から降りる際、カードを抜けば良いだけである。
明細を一本化したい方で、既にJCB カードをお持ちの方は、JCB ETCカードカードではなく、ETC 専用のスルーカードという選択になろう。
ハードであるETCが 、ソフトであるJCB ETCカードカードなどの商品の出現を、促進させているとも言えよう。
ETCの認知度の高まりは、JCB ETCカードカードなどのソフト面での充実でも実感できる。
つまり、専用カードでも、一体型のJCB ETCカードカードでも、引き落とされる口座は同じと言うことだ。
明細が複雑すぎれば、管理に支障を来すし、JCB ETCカードカードの発行元であるJCBにも、苦情が舞い込んできてしまうであろう。
ユーザー重視のJCB ETCカードカードは、更にサービスに磨きをかけていくに違いない。
JCB ETCカードカードを皮切りに、ETCの機能を持つ複合カードは、今後増えていくに違いない。
ETCは、もはや市民権を得ているが、本来の高速道路の渋滞緩和という使命は果たしているだろうか

スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。