お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

ノーローンの審査

ノーローンと言えば、一週間無利息融資で有名になった訳ですが、当初は比較的審査が易しかったようですね。
そのため、ノーローンと他社のローンを組み合わせて、利息を軽減するという裏技が流行ったんですよね。
当時は、インターネットだけでなく、テレビや新聞などでも騒がれていましたから、ご存じの方も多い事と思います。
まあ、これはノーローンに限った事ではなく、消費者金融に対する規制が厳しくなった昨今、どこのキャッシングも、審査基準の枠が、一気に狭まったようです。
嘗てはブラックでなければOKだったところも、今はグレーゾーンであればアウト。
ノーローンを取り扱っている新生銀行系の金融会社、シンキでも同じです。
一週間以内に元金を返せば無利息で、しかも、返済した翌日には、また、同じ条件でノーローンからの借り入れが出来る。
そのお陰で、大車輪などという言葉が生まれ、社会的にも大きな問題になった訳ですからね。
従って、昔のようにお得に自転車操業を続ける事が事実上不可能になってしまったのであります。
そして、正しく安全にノーローンを活用して、現代社会をしっかり乗り切って下さいね。
ノーローンの最大のメリットが活かせなくなるという噂が流れ、駆け込みで契約した人も沢山いたと聞きました。
まあ、もっとも、2年位前までにノーローンを契約している人は大丈夫みたいなんですけどね。
随時審査し、その結果から顧客を選んでいるのは間違いなさそうです。
まあ、とにかく、今からお世話になろうと思っている人も、今お世話になっている人も、もう一度改めて審査基準などを確認した方がいいかも知れません。
今は、全ての消費者金融で、全ての消費者金融の情報が手に入る時代ですからね。
ノーローンの審査も以前は通ったのに、今回は駄目だったという人も少なくないみたいです。
一度も延滞がなくても、他社の借金が大きければ、強制的に融資をストップしていったみたいです。
他社のローン以上に、このノーローンが突然使えなくなると困る人は大変多いでしょうね。
負債を減らすためには、借りないのと貸さないのが一番いいのは分かっているのですが、それが全く別の事件や事故を招く可能性が高いのも今の世の中の現状。
されど、会社としては営利目的で融資をしているのではない訳ですから、それまでノーローンを使っていた人に対しても、全く無関心という訳ではなかったようですよ

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。