お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

ローン審査の基準

ローン審査は色々と決められているようですが、やはり基準としてはどれだけ社会的に信用できる相手かどうかが決め手のようです。
しかし現在はそんな理由でローン審査の基準が厳しくなったわけではないということは、担当の方が一番よく知っているはずです。
そのために住宅を中心にローン審査を行ってもらうのであるならば、他の大きな買い物のローンを抱えていないほうが有利なのだそうです。
ですからあまりに大きな買い物を次から次へと行うことは、ローン審査を有利に通すためにはおすすめできないとも言います。
このような理由がありますから、毎月きちんと支払いが滞らずに出来るかどうかをローン審査では図っているようなのです。
自分の収入がどれだけ高くても、社会的に安定した収入でなければ、ローン審査が有利に通ることはないようなのです。
こうしたことで非常に不公平さを感じてしまう方も少なくはないようなのですが、やはりそれだけシビアでなければならないのがローン審査です。
長年の付き合いであったり、よく利用していて、支払が滞ったことがない場合、ローン審査も少々ゆるくなるとも言われています。
それだけ現在はローン審査の基準を厳しくせざるを得ないほど、不況が深刻になっているとも言われているのです。
そこで利用するメインバンクなどを頻繁に変えていくより、長い付き合いを考えるほうががローン審査の基準が甘くなるとも言われていました。
もはやなんとなく働いていれば収入が得られる時代ではなくなりましたから、ローン審査の基準もシビアにせざるを得ないようなのです。
自己破産が云々、ではなく、それこそ支払が滞ってしまったら経営が危うくなることも想定しているから、ローン審査の基準が厳しくなるのです。
ですがこの不景気の時代ですから、おそらくは所持している不動産などを考慮してシビアにローン審査を行っているのが一般的です。
中には逆にこうした不況の時代であるからこそ、売るために基準を下げているというところも出てきているらしいのがローン審査です

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。