お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。 > 大事なお金の話 > 融資審査の無審査の可能性

融資審査の無審査の可能性

借りる側の都合と、銀行側の論理がかみ合い、スムーズな融資審査によって経済効果が上がる事を期待したい。
資金のない個人や、体力のない中小企業が、融資審査が通らずに、窮地に追い込まれている現在、政治によっての新たな政策が期待されよう。
無審査の融資審査については、関係の情報サイトで調べていただきたいが、対象は消費者金融やフリーローンなどの少額融資に限定されるだろう。
個人や企業の信用度の「物差し」になる、「個人信用情報」の内容は、融資審査の決定を左右するのは言うまでもないだろう。
無審査で数百万、数千万円を貸してくれる金融機関があったら、私が真っ先に借りたいぐらいで、現実は、全ての融資に融資審査があると言って良い。
明るい日本の将来にも、影響を与えるかも知れない融資審査の基準は、一人一人の問題であろう。
過去の融資においての事故の有無が、「個人信用情報」だが、融資審査の最重要課題であることに疑う余地はない。
世界的な大不況の引き金になったと言われる、アメリカの「リーマンショック」や「サブプライムローン問題」は、言い換えれば、融資審査の基準問題と言うこともできるのではないか。
過去に融資事故などがあっても、十分な担保物件が無くても融資するのは、無審査ではなく、「無謀」ということで、一定基準の融資審査は在って然るべきだ。
銀行やローン会社が一番警戒するのは、不良債権や「焦げ付き」であり、それらを防止する為の融資審査である。
融資審査といっても、無審査といっても最終的には、信頼関係と自己責任であろう。
普通、融資審査の基準になるのは、過去の融資履歴や収入の安定度、担保の有無などだろうが、それらを一切無視して、貸し付けると言うこと自体、無謀だ。
融資審査の再構築が望まれるが、抜本的な法整備が急務で、こうなると問題は「政治」と言うことになる。
あらゆるローンで向き合う融資審査は、真摯に対応したい。
国内では「ゆとり返済」、アメリカでの「サブプライムローン」、「リーマンショック」、「完全失業率」など、融資審査を取り巻く状況は予断を許さない

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。