お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

銀行の融資審査

「個人信用情報」とは、過去の融資においての履歴であるが、融資審査を受ける際には、真っ先に調べられる項目として定着している。
銀行側が怖いのは、焦げ付きや不良債権であり、その対策として融資審査が存在するという事は、容易に理解できるし納得も出来る。
只でさえ、世界的な大不況なので、融資審査の基準が厳しくなってくるのは「自然の流れ」とも言えるが、本当に融資が必要なところにまで、影響が出てきているのが気になる。
特に体力のない優良な中小企業が、融資を受けることが出来ず、むざむざと倒産の憂き目に在っている状況を見るに付け、銀行や融資審査の在り方に疑問を感じてしまう。
過去に融資事故や延滞などがあった場合、融資審査はかなり厳しいものになるのは間違いなく、相当の苦戦を強いられる。
住宅や土地の購入は、一生に何度もないので、銀行の融資審査をパスすることは、関所を無事通れるかどうかの瀬戸際の問題になるだろう。
ローンなどを組む場合、融資審査は必ずある。
いわゆる「ブラックリスト」のひとは、裕福な保証人でもいない限り、融資審査は先ず通らないと思っておいた方が良い。融資審査と聞くと、真っ先に思い浮かぶのが銀行ということになるが、金融業の筆頭に思い浮かぶのは当然だろう。
審査の基準を明確に把握して、スムーズに融資審査が通るようにしたいものである。
融資審査は、銀行や保障会社が専門の担当を使って、個人の信用情報を調べている。
収入の安定度や過去の融資履歴、担保の有無などを徹底的に洗い出した結果、融資審査を通すかどうかを決定するらしい。
ある程度のガイドラインはあり、融資審査の基準も保障会社によって若干の違いはあるだろうが、概ね似通っているようだ。
所有する土地や建物の評価額も、当然関係してくるし、銀行は、融資事故の有無を特にチェックし、最重要項目として融資審査の結果に反映させる。
融資審査で不安や疑問が生じた場合、インターネットなどで情報を入手し、精神的にスッキリしたいものだ

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。