お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

住宅ローンの融資審査

融資審査は、住宅ローンや土地の取得、個人や企業の設備投資など、様々な場面で登場する。
過去の融資履歴や収入の安定度、担保の有無などが、融資審査を受ける場合、影響を与える項目になるはずだ。
銀行やローン会社が一番警戒するのは、不良債権や「焦げ付き」であり、それらを防止する為の融資審査である。
住宅ローンの場合、所有する土地評価額も関係してくるのは、最悪の場合、担保物件としての価値があるかどうかを、融資審査の結果に反映させるためだ。
融資審査の決定に影響を与える「個人信用情報」の内容は、その個人や企業の信用度の「物差し」になるからだ。
焦げ付きや不良債権は、金融機関のもっとも警戒するものであるから、住宅ローン審査の場合は特に、その対策としての融資審査に注目するわけだ。
アメリカのサブプライムローン問題や、リーマン破綻が世界的な大不況を誘発しており、我が国の融資審査の基準にも影響が及んでいるようだ。
体力のない中小企業が、融資審査が通らずに融資を受けることが出来ず、倒産に追い込まれている。
住宅ローンの融資審査については、関係の情報サイトで調べていただきたいが、融資審査の基準には保障会社によって若干の違いはあると思われる。
住宅ローンなどを組む場合、融資審査は避けては通れない道なのだ。
融資審査は、住宅ローンの時だけではなく、あらゆるローンの場合も該当する。
ただ、融資審査を甘くすれば、国内では「ゆとり返済」、アメリカでの「サブプライムローン」の二の舞になるし、逆に厳しすぎると、銀行が「貸し渋り」ということで叩かれる。
高い技術や優秀な人材が、融資審査によって失われていく事だけは避けたいものだ。
融資審査の基準を何処におくかと言うことも、今後議論されるべきで、それによって日本の将来も変わっていくと言ったら、言い過ぎだろうか。
「返して貰う見込みのない融資はしない」という、銀行側の論理も分かるが、スムーズな融資審査によって経済効果が上がるという側面もあろう

スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。