お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

キャッシングの融資審査

キャッシングの場合は、街角にあるATM機でも融資審査が受けられるが、オンライン化が進んで便利になった反面、事件や事故の温床ともなり、社会問題になっている。
ここで融資審査が通らないのは、過去の融資履歴に何か問題があるということだ。
融資審査を、ATMなどのキャッシングで受けた方には分かると思うが、利用していくうちに金銭感覚がどんどん麻痺していく。
キャッシングの融資審査については、消費者金融やフリーローンなどの少額融資が対象になるので、比較的ハードルは低いだろう。
キャッシングで数百万、数千万円を貸す消費者金融があったら、ある意味怖いし、現実的には皆無であろうが、融資審査も途方もなく煩雑になろう。
融資審査といっても、キャッシングといっても、信頼関係と自己責任が問われるのは言うまでもない。
融資審査を取り巻く状況は、今後も予断を許さない。
キャッシングの融資審査をパスすることは、融資する側に信頼されたと言うことではなく、あくまでも「身元を確認された」というだけの話なのだ。
キャッシングを考える場合、融資審査は単なる身元調べではなく、オンラインにつながった個人情報の照会と捉えるべきだ。
考えられるのは、融資事故や延滞、債務超過などで、融資審査の壁に阻まれるのである。
もはやキャッシングどころの騒ぎではなく、自己破産の前兆なのだ。
自己破産まで行かなくても、「個人信用情報」リストに名前が載れば、融資審査は通らない。
融資事故者のレッテルを貼られ、融資審査のみならず、新しいクレジットカードはまず作れないだろう。
このように、キャッシングには落とし穴があり、融資審査と共に、十分に注意が必要なのである。
融資側の防衛策である融資審査だが、ある意味、融資を受ける側への配慮と見ることも出来る

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。