お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

国民共済と県民共済

でも、本当に賢い人は、すごく上手に国民共済や県民共済を活用しているようですよ。
後、全国共済生活協同組合連合会が母体となっている全国共済というのもあります。
当然、全国共済に入るためには、全共生協連への加盟が必要になる訳ですが、こちらの出資金は、まだこれから調べるところです。
そう言えば、私たち主婦にとっては、日本コープ共済生活協同組合連合会の出しているたすけあい共済もなじみがあります。
今は保険法の改定に伴って、その中身も見直され、国民共済も、県民共済に負けず劣らずの魅力を発揮しているようです。
何しろ、近所の生協へ買い物に行くとしばしば、案内を聞いたり見たりしますからね。
国民共済の最大のメリットは月々の掛け金が安い事、最大のデメリットはいざという時の保証が薄い事だという声が沢山聞かれます。
実際、国民共済の月々1,800円位の掛け金は、一般の生命保険では考えられない金額ですよね。
全国共済やたすけあい共済も同等で、県民共済に至っては、更にお安いと言われています。
されど、国民共済や県民共済の掛け金を考えると、当たり前の事と言えるでしょうね。
ただし、これは随分昔に県民共済に加入した人に目立つ意見。
それにしても、全国生活協同組合連合会とか、全国共済生活協同組合連合会とか、全国労働者共済生活協同組合連合会だとかって、めっちゃややこしいですよね。
勿論、民間の保険会社が出している商品と比較すれば、まだまだという感じではありますけどね。
国民共済への加入を考えるのであれば、当然、他の共済と比較する必要というのが出て来ますよね。
国民共済に入るためには、全労済に加盟する必要があって、その入会金の1,000円は加入の際の必要経費とも言えるでしょう。
入会金と言っても、実際には出資金であって、殆どの国民は組合への加入も、国民共済への加入も自由です。
他にNSMGの持っている日本国民共済というのがあって、これも出資金はすごく安いみたいですね。
しかも、県民共済は国民共済よりも、保証がかなり手厚いという噂もあるのです。
私も実際のところ、今回国民共済と県民共済を比較してどちらかに入ろうと思ってマジで調べてみて、初めて知ったんですよね、こうした団体の正式な名前。
なんと全国には1,000軒以上もの生協があって、その多くが共済を実施しているようです。
だけど、自分にあった共済に入らないと意味がないので、国民共済や県民共済を筆頭に、ブログやサイトでいろいろな情報を集めて比較検討してみる事が大事でしょうね

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。