お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

国民共済と共済年金

国民共済に入ろうかなぁっと思って、運営している全労済のホームページを閲覧していました。
例え子供であっても、働き盛りのお父さんであっても、熟年世代であっても、みんな一緒というのは思い切りビックリ。
全労済の共済年金とは言え、組合員にさえなれば、主婦とかでも加入出来るみたいでした。
レーサーや競輪選手、格闘家やパイロットなど、危険を伴うお仕事をしている人は難しいみたい。
国民共済とは違って、民間の保険ですから、来年から大幅に掛け金が上がるのは目に見えています。
それプラス、国民共済に入っておけば、いざという時でも、取り敢えず安心でしょう。
国民共済そっちのけで、マジかなり真剣に調べてしまいましたよ。
今は大手の保険会社の女性保険に入っているのですが、子供にもすごくお金がかかるようになって来たし、この際、国民共済に乗り換えようかと思っています。
それに、国民共済は万60歳までならみんな月々の掛け金が同じだと聞きました。
共済に関する情報をブログやサイトで調べる方は多いと思います。
もしかしたら、共済年金だけじゃなくて、国民共済そのものもNGかも知れませんね。
何しろもう40歳の大台に乗ってしまいましたからね、正直、民間の保険会社の生命保険だと、掛け金がすごく高いんです。
ちょうど今年の年末に切り替えを迎えるので、いいチャンスかなぁって思うんですよね。
寧ろ、国民共済はどうか分かりませんが、共済年金は、労働者でも職業によっては入れないみたいです。
私にもしもの事があっても、お葬式の費用を国民共済で賄って、後は民間の保険で、何とか一人前になるまで生き延びる事が出来ます。
シングルマザーはそこまで考えておかないといけないんですよね。
それと同時に、自分の老後もまた大きな問題、今回国民共済以上に年金が気になったのは、多分そういう思いを前から持っていたからだと思います。
されど、私たちが老後を迎える頃には、今の厚生年金が定年と同時に受け取れるとは限っていません。
そしたら目が点、国民共済のように、気軽に取り敢えず入っておこうかとは、ちょっと思えませんでしたね。
そう思うと、国民共済と同じくらい、共済年金も大事なんでしょうね。
そしたらね、国民共済の下に損害共済の案内があって、更にその下に年金の案内というのがあったんですよ。

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。