お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

国民共済の医療保険

まあすぐには変わるという事はないだろうけど、加わる可能性は大かなぁ。
そう思うと、組合員同士の努力で成り立っている国民共済は、ホントすごいですよね。
今は民間の外資系保険会社の生命保険と損害保険に入っているのですが、正直、いつ会社がなくなるか解らない状態じゃないですか。
正直、国民共済のメリットよりもデメリットの方が目立つような気もしますが、それもまた大切な情報ですよね。
国民共済はとにかくリーズナブルだし、増やしたからといってすぐさま家計が圧迫されるという事はありません。
それに、ちらっと国民共済のパンフレットを見たところ、それほど悪くはなさそうだったんですよね。
でも、それは、国民共済の掛け金を考えれば、当たり前の事だと思いますよ。
恐らく一般の保険でも、月々の掛け金が同等であれば、あのレベルの保証をするのが精一杯なのではないでしょうか。
いえいえ、民間の保険会社は、国民共済とは異なり、営利目的で商品を販売している訳ですから、もっと雑に扱われるかも知れません。
保険に関する事は、金融関連のブログやサイトがとてもいい参考になると友達から教わり、少しずつ読んでいるところです。国民共済の医療保険は、昔は余り評判が良くなかったようですが、最近はいろいろと変わり、そうでもなくなって来たと聞きました。
ただし、国民共済に入るためには、まずその全労済の組合員になる必要があって、その際、1,000円の出資金というのが必要になるそうです。
これは県民共済でも同じで、ようするに加盟する団体が異なるだけなんですよね。
従って、国民共済も県民共済も、今はそれほど大きな差はないような気はします。
ただ、どうなんだろう、より地元密着型の県民共済の方が、やはりスタッフとの人間関係みたいなものはいいのかなぁ。
その辺も含めて、今は国民共済についての細かい情報が少しでも沢山欲しいと思っています。
助け合いの精神なんて持ち合わせていないだろうし、思いやりというのもビジネス用語にすぎないと思っているセールスも少なくないからです。
それに、子供や高齢者に対する保証が低いとか、何かと大ざっぱで、いかにもお役所仕事だという声を耳にした事もあります。
我が家の医療保険が、国民共済に変わるかどうか、自分でも好ご期待です。
悪い部分をしっかりと把握してからいい部分をみると、そのバランスがうまく判断出来ます

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。