お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

国民共済の火災保険

国民共済には地震保険がないと思っていたのですが、実は、国民共済にも、地震災害をサポートしてくれる商品があったんですね。
全労済が出している国民共済の自然災害補償付火災共済、それこそが、一般の損保の地震保険に当たる部分です。
それこそ、地震・雷・火事・親父、まあ親父は入っていないけど、国民共済の火災保険は1つの特約で、様々な災害時に家や家財道具の保証をしてくれます。
火山の噴火や台風、竜巻、津波などの被害を受けても保険金が降りるみたいです。
それに、国民共済の火災保険には、大屋さんへの賠償保証があるのも、賃貸住まいの我が家には、嬉しい得点と言えるでしょうね。
あっ、そうそう、何故か、盗難という項目も含まれているのですが、盗難って、自然災害に当たるのかなぁ。
マンション暮らしの我が家の場合だと、年間で1,000円から2,000円と言ったところでしょうか。
まあ、国民共済は、ワンルームに住む独身のOLやサラリーマン、学生さんだって、十分払える金額であるのは確かです。
実はうちの実家も国民共済の火災保険に入っているんですけど、自然災害補償の特約は付けていないんですよね。
それこそ、何が起こるか判らない世の中、年間500円程度の掛け金で済む国民共済の自然災害補償を無視するのは、とてももったいない話でしょう。
民間の損害保険に比べて、国民共済の場合だと、1割位の価格で済みます。
ただし、補償額はそれほど大きくはないので、実際問題、国民共済オンリーで復興を遂げるのは難しいかも知れません。
月々缶コーヒー1本程度というこのお値段は、若いファミリーにはとても有り難い部分でしょうね。
掛け金の非常に安い国民共済ならではの、保険の保険という使い方ですね。
なので、外資系の安い損保と併用して加入している人も多い用です。
ほら、最近はよく部屋を借りる時に、強制的に損害保険に入れられるじゃないですか。
まあとにかく、そんな国民共済の火災保険あれこれ、調べてみる価値は十二分にあるのではないでしょうか。
勿論国民共済なので、いくら特約をあれこれ付けても、掛け金はとてもリーズナブルですよね。
うちの近所には海も山もないから、よくありそうな家事と落雷と交通事故の補償をしてくれる火災保険だけで十分だろうと母は言うんですよ。
国民共済にもともとある火災保険に、自然災害補償を付けた自然災害補償付火災共済。
国民共済の自然災害補償付火災共済については、ブログやサイトでも多数取り上げられているので、一度じっくり読んでみたいと、私は思っています

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。