お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。 > 大事なお金の話 > 国民共済のメリットとデメリット

国民共済のメリットとデメリット

国民共済は保険だと思っている人が多いようですが、実は保険ではありません。
大昔の生命保険のスタイルそのままですから、完全に入院そのものに対する保証だけなのであります。
だから、正式には医療共済、火災共済、マイカー共済などと言います。
私自身、自分の保険なんて、入りっぱなしという感じだったのですが、今回仕事でこの話を聞いて、感心させられてしまいました。
それに、60歳を過ぎると、一気に保証が手薄くなるというデメリットも国民共済は抱えています。
寧ろ、最も家計の苦しい世代のファミリーにとって、国民共済の掛け金と保証のバランスは、かなり魅力的なのではないでしょうか。
そのため、民間の医療保険を比較的小さいものにして、別途国民共済に入っているという人もいます。
保険や共済についてのブログやサイトを読めば、多分そう手間暇かけなくても、ある程度の情報収集は出来ると思いますよ。
これは、国民共済のメリットとデメリットを上手に活かした、非常に利口な保険の入り方の一つと言えるでしょうね。
なので、国民共済の最大のメリットは掛け金が安いのにも関わらず、そこそこの保証が受けられるところですよね。
そこで、民間の保険で、1日5000円を頂戴し、足らずは国民共済からいただくというシステムが今注目されているのです。
普通、民間の保険会社の生保で、入院を1日1万円にすると、月々の掛け金は結構な額になるのですが、現実問題、それ位ないと、のんびり入院なんてしてはいられません。
今、自分が月々支払っている生命保険の掛け金を思い出すと、これって、ちょっと見逃せない話だと思われませんか。
国民共済でも1日6,000円もらえるんだったら、別に国民共済だけでもいいかなぁっと思わなくはないでしょう。
ところが、国民共済の医療保障では、手術などをしても、別途特別な手当が付く事は殆どありません。
国民共済はその字の通り、例え生保であっても損保であっても保険ではなくて共済です。
国民共済は年齢を重ねても掛け金が上がる事がなく、何歳で加入しても、毎月2000円以内の掛け金で、現役時代をずっと乗り切る事が可能なのです。
だけど、月々の掛け金から割り出すと、そんなものだと私は思いますね。
それでもまあ、終身型の共済が出来ただけでもいいんじゃないのっていう声もあるんですけどね。
そうすると、かなりお得にかなり手厚い保証をゲットする事が出来ます。
まあ、しっかり勉強して、かしこく民間の保険や国民共済のメリットとデメリットを活用したいものですね

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。