お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

国民共済のキッズプラン

確か、入院1日目から保証が受けられるようになったのにも関わらず、掛け金はこれまでと同じ、1,000円ほどなんですよね。
それに、更に手厚いサポートを受けられる国民共済キッズワイドというプランも登場したようです。
何と言っても国民共済は掛け金が安いですからね、将来リタイヤして年金生活になっても、孫が成人する位までは払い続けられるでしょう。
それまでは、大して国民共済と変わらない保証を堂々と謳っている商品も少なくありませんでしたからね。
ただ、その後は、一般の国民共済に健康状態に関わらず移行する事が出来ます。
まあ、どのみち国民共済ですから、それほど大きな負担になるものではないでしょう。
助け合いの精神から生まれたもので、掛け金が安いのです、保証が少ないのも仕方がないでしょう。
そのせいかどうかは分かりませんよ、きっと不況の影響も大きいとは思いますが、近頃また、国民共済が注目されてはいるんですよね。
医療費が中途半端ではなくなってきた昨今、今入っている民間の保険のパワーアップ部位として加入する人も増加していると言います。
21世紀に入って、国民共済や県民共済が少々劣って見えるようになったのは事実だと思います。
だけど、その後は知りませんよ、親が払うか本人が払うか、それともやめるか、それはその時息子夫婦が話し合えばいい事だと思っています。
けれど、いつしか大手の商品は段々パワーアップし、また安い外資系の保険もどんどん参入してくるようになりました。
これまで殆ど無視状態だったシニアやキッズに対する保証が充実したのもその変化の一つです。
国民共済全体が見直されて、キッズコースもかなり改訂されたとは聞きました。
まあもっとも、全労済の子供向け共済は、満18歳で一応おしまいになるみたいですけどね。
実はね、最近私、おばあちゃんになりましてね、まあ、孫のために入ってやろうかなぁっと思っている訳ですよ。
その感覚で、キッズタイプの共済も利用してみるといいかも知れませんよ。
一般の学資保険に医療保障を追加する位なら、国民共済のキッズワイドに加入する。
国民共済に関する情報は、共済関連だけでなく、保険関連のブログやサイトにも沢山掲載されています。
そうすれば、怪我や病気の時にも安心して十分な医療を受けさせて上げる事が出来ます。
という事で、以上、おばあちゃん馬鹿しているおばさんの、国民共済談義でした

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。