お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

国民共済の資料請求

という事は、現役時代に倒れて、天国へ旅立つなら、とっとと旅立っちゃわないと、意味がない訳ですよ。
どうやら、妻が全労済のホームページからダウンロードした国民共済の資料みたいですた。
国民共済については、正直、これまで全く興味も関心もなかったのですが、何故か急に国民共済というものが気になり始めました。
どうせいつまでも内緒にしている訳にはいかないでしょうから、いつ、どんな顔して向こうが切り出してくるか、少々楽しみにしています。
もしかして、私に更なる保険を掛けようと思っているのだろうか、たちまち不安になりましたよ。
それに、国民共済は思いの外、医療保障が手堅いではありませんか。
これなら、私が倒れても、まず家族が路頭に迷う心配はないだろうし、自分自身も手厚く闘病させてもらえそうです。
国民共済は月々の掛け金が驚くほど安いので、別に国民共済を1つ増やしたからと言って、私の小遣いが減らされる心配はなさそうです。
今入っている生命保険と合算すれば、1日の入院給付金はかなりの高額になります。
ただ、前に会社の先輩から聞いた事があるのですが、国民共済は満60歳を過ぎると、一気に保障が手薄くなるそうですね。国民共済と言えば、全労済の出している生命保険みたいなものだと思うのですが、実は昨夜、居間の片隅で、その国民共済の資料というのを見付けたんですよ。
だけど、ああいうのを見せつけられると、やっぱちょっと深刻にはなってしまいますよねぇ。
まあ国民共済に対する興味本位で資料を取り寄せただけならいいんですけどね。
勿論、国民共済の資料を見てしまった事、妻にはまだ話していませんよ。
秋の夜長、国民共済という新たな勉強課題が見付かって、今はちょっとわくわくモードです。
で、その時、細かい事を追求したり、指摘したり出来るように、国民共済について、少し勉強してみたいなぁっと思っているところです。
共済に関する情報は、保険や金融のブログやサイトに沢山載っています。
素人にもよく分かるように説明してくれているブログやサイトも多いですし、Q&A方式で展開している記事も少なくありません。
実はこの間受けた会社の健康診断の結果が少々問題ありきだったので、計算高い妻のやりそうな事だとは思いました

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。