お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。 > 大事なお金の話 > ノンバンク社債法による変化

ノンバンク社債法による変化

そのノンバンクですが、簡単に言うとお金を貸してくれるという業者ですよね。
しかし、ノンバンクの種類もとても多いですし、すべてが銀行から資金調達をするというのも不思議に思っていました。ノンバンクというキーワードの意味について皆さんは知っているでしょうか。
ノンバンクについて銀行系という言葉を聞いたことが皆さんはあるかもしれませんよね。
ノンバンクについては知っていたけれど社債法については知らなかったという人は多いでしょうか。
銀行系ノンバンクがあるということはその他の種類もあるということではないかと考えたわけです。
そこで目に止まったのがノンバンク社債法というもので、簡単に言うと普通社債が認められたということのようですね。
ノンバンク社債法と言っても何のことなのかさっぱり分からないという人は多いかもしれませんね。
そもそもノンバンクは銀行から借り入れることが主で、社債の発行は一応認められてはいたものの主流ではなかったようです。
それがノンバンク社債法によって自由にまたより直接的な市場から資金調達ができるようになったようですね。
というのも、私の中ではノンバンクというのは銀行から資金調達をしていると思っていたからなのです。
まずはノンバンク社債法についてインターネット上のサイトやブログをチェックしてみてくださいね。
ノンバンク社債法が私たちにどんな影響があるのかなども調べてみると面白いと思いますよ。
どのノンバンクを利用したら良いか分からないという人も口コミ情報を調べてみると良いのではないかと思います。
ノンバンクというのは預金や為替業務をしない金融業者のことを言うようで、銀行とは違う金融機関のようです

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。