お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。 > 大事なお金の話 > 車両保険の飛び石による損傷の補償

車両保険の飛び石による損傷の補償

車両保険は、飛び石による損害も補償されるものを選びたい。
たとえ車両保険であっても、各項目ごとに免責があり、細かい設定をして、補償の限度額を決めているのが現状であろう。
飛び石をはじめ、自動車を所有していれば、ちょっとした小傷や「へこみ」、接触事故は誰もが経験していることで、車両保険の需要は無くならないと思われる。
特に、高級車のオーナーは、盗難の危険を常に感じていて、そんな方のために車両保険が存在するのだ。
車両保険の、飛び石の補償に関して調べたいときは、ヤフーの知恵袋や保険サイトが便利だと思う。
加入者が減ることは、考えにくい車両保険といえそうだ。
「高額な掛け金」という印象が強い車両保険だが、飛び石まで補償してくれるのなら、「安いかも知れない」という意見もあろう。
セキュリティを万全にしても、なお不安の残る厳しい時代であるが、せめて、車両保険に加入して自損事故や盗難、飛び石やイタズラに備えたい。
掛け金の安さだけで、車両保険を選んでしまって、後で、免責の多さに唖然としてしまったという話は、聞いたことがある。
さらに、「飛び石」の定義自体も、保険会社によって違ってくるし、車両保険でカバーできる範囲は、必然的に限度がある。
飛び石の補償対応が、車両保険の契約条項に銘記されているのを確認し、納得した上で加入していただきたい。

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。