お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。 > 大事なお金の話 > 小規模企業共済のデメリット

小規模企業共済のデメリット

解約するよりは融資を受けて払い続ける方が 小規模企業共済では得策でしょう。
若い人の場合は、20年後以降の小規模企業共済制度の先行きにも不安があるでしょう。
毎月払う掛け金を小規模企業共済で減額する場合には相当の理由が必要になります。
小規模企業共済は、退職金、所得などとして税金がかかるようになっています。
掛金の戻りがゼロになるので、小規模企業共済での掛け捨てということになります。
それは小規模企業共済には無担保、無保証人の低利融資制度があるからです。
その理由は業績悪化や病気などの限定的理由に小規模企業共済では絞られます。
小規模企業共済では最初から大きい額を掛けずに小さく掛けていくことが大切です。
小金額でも20年に早く近づくので小規模企業共済は早い段階での加入がお勧めです。
また小規模企業共済の中途退会の場合、元本割れする上にさらに所得税もかかります。
20年以内に自己都合で小規模企業共済を解約すると、小額の掛金しか戻りません。
小規模企業共済は加入後1年以内に解約すると、掛金がまったく戻ってきません。
全くの掛け捨てになるので安易に小規模企業共済に加入しない方がいいでしょう。
またその時小規模企業共済では、おまけに一時所得として課税までされてしまいます。

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。