お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。

小規模企業共済で節税

そして小規模企業共済共済金を任意解約した時は、一時所得として課税されます。
そして従業員20人以下の経営者が小規模企業共済の対象で個人事業主でもいいです。
小規模企業共済に納めた掛金というのは、全額控除されるからです。
事業主のための退職金制度ということが小規模企業共済に言えるでしょう。
小規模企業共済の一番のメリットは、節税効果が高いということでしょう。
経費ではなく、課税所得の控除対象に小規模企業共済はなるのがポイントです。
最高で月7000円というのが小規模企業共済の掛金になり、年間で94万円です。
多少割増になる可能性はあるのですが小規模企業共済のメリットは別にあります。
個人事業主が小規模企業共済のような年間94万円の節税効果を狙うのは大変です。
支払った掛金や期間に応じた共済金が返ってくる制度が小規模企業共済なのてず。
小規模企業共済の月額掛金は、1,000円から7,000円で中途での任意解約も可能です。
これだけの金額が控除対象になるのは、小規模企業共済の大きな特徴です。
小規模企業共済共済金を分割受領の場合は雑所得になります。小規模企業共済は、中小企業の経営者を対象にした共済制度になります。

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。