お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。 > 大事なお金の話 > 小規模企業共済解約後の受取額

小規模企業共済解約後の受取額

ただし小規模企業共済解約手当金を受けられる解約事由には、3つのケースがあります。
小規模企業共済契約者の申し出による解約のことを、任意解約と言います。
小規模企業共済掛金の100%以上の解約手当金は、納付月数が240カ月以上必要です。
小規模企業共済の解約事由で中小企業整備機構が行う解約があります。
小規模企業共済で解約される場合とは、掛金を12カ月以上契約者が滞納した場合。
不正行為を働いた場合には、小規模企業共済の解約手当金も貰うことができません。
小規模企業共済の解約事由で個人事業主が会社の役員になった場合の解約があります。
その金額も小規模企業共済掛金納付月数に応じて、掛金総額の80から120%に変動。
会社が小規模企業共済に該当しない場合、準共済事由となり準共済金が支払われます。小規模企業共済の契約を解除した場合、解約手当金を受け取ることができます。
この場合、中小企業整備機構は、小規模企業共済の契約を解除することができます。
個人の過失で中小企業整備機構から小規模企業共済を強制解約される場合もあります。
その場合は、小規模企業共済解約として、共済契約解除通知書が契約者に送られます

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。