お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。 > 大事なお金の話 > 小規模企業共済のメリット

小規模企業共済のメリット

定期預金などでも1%の低金利時代なので小規模企業共済の20%は実に大きいのです。
個人事業主には退職金制度がないので、小規模企業共済はその救済措置になります。
年間所得が395万円から695円以下の人なら、小規模企業共済で16.8万円の節税です。
掛金が小規模企業共済では全額所得控除になるというのが非常に大きいです。
小規模企業共済は中小企業の経営者も加入することができるようになっています。
少額でも構わないので加入期間が長いことが小規模企業共済では有利に働きます。
これだけ有利な小規模企業共済という制度は加入しない手はないでしょう。
言いかえれば小規模企業共済で利回り20%の金融商品を運用しているようなものです。
小規模企業共済共済金の一括受取は退職所得扱いですが長く勤務すれば控除も大です。
加入期間が長いことで、小規模企業共済一括受取の際の税金を減らせるのです。
少しずつでも掛けておくと将来的に小規模企業共済は有難いものとして重宝します。
小規模企業共済の掛金も月額1,000円から掛けられるので、少ない収入でも可能です。
少しずつというのは小規模企業共済は早い時期に加入し年数を重ねることが大切です。

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。