お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。
お金を借りる、使う、預ける。 > 大事なお金の話 > 小規模企業共済共済金の受取方法

小規模企業共済共済金の受取方法

小規模企業共済共済金には、まず全部を一括で受け取る一括受け取りがあります。
小規模企業共済共済金は金融機関の窓口を通して、中小企業基盤整備機構に送ります。
分割で小規模企業共済共済金を受け取る金額が300万円以上で、一括で受け取る小規模企業共済共済金の金額が30万円以上であることが必要です。
そして受給者は小規模企業共済の契約者本人に限ります。
そして小規模企業共済共済金の分割受取を利用するためには、条件があります。
年に4回、2月、5月、8月、11月の15日に小規模企業共済共済金が支払われます。
そして分割して受け取ることのできる分割受け取りが小規模企業共済にはあります。
分割受取りで小規模企業共済を選んだ場合、途中で一括受取りの変更はできません。
分割受取り期間中に小規模企業共済の受給者が死亡した時は、相続人に支払われます。
小規模企業共済共済金の事由が生じた場合は、次の方法で共済金を請求します。
小規模企業共済で共済金の一部を一括で、残りを分割で受け取る場合。
それは老齢給付事由という共済事由が小規模企業共済の全部分割には必要になります。
小規模企業共済共済金の受取方法は、2種類あり、指定金融機関口座に振り込んでもらう方法と小規模企業共済共済金を金融機関窓口で受け取る方法があります

No tags for this post.
スポンサー

同ジャンル・関連ページ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。